お役立ち!大阪のリフォーム業者

リフォームで洗面台の問題を解決する

HOME > リフォームについてin大阪 > リフォームで洗面台の問題を解決する

リフォームで洗面台の問題を解決する

朝に歯磨きをしたり身だしなみを整えるときに使うのが洗面台です。
大きな鏡があるのでヘアスタイルのチェックをしたりメイクのチェック、その他洗髪などをしたりする人もいるかもしれません。
洗面台は各家庭によってサイズなどが異なり、あまりスペースがないところだとかなり小さいものを置いているところもあります。
幅や奥行きが十分でないと当然ながら顔を洗うボウル部分も小さくなり、普通に顔を洗っているのに周りがいつも水浸しになり、せっかく着た洋服もびしょびしょになってしまうときもあるかもしれません。
他の水回りの設備に比べると重視されないところもありますが、使い勝手が良い洗面台にリフォームすることによって生活の質をうんとアップさせることができます。
選ぶときのポイントを知っておくと良いでしょう。


大阪でリフォームをする上で洗面台を選ぶなら、まずは設置する場所を決めましょう。
今置いてあるところに置こうとすると今のタイプと同じサイズになります。
使い勝手を考えるならより幅が広くて奥行きがあるものが便利なので、場所を多少変更することも考えましょう。
場所を変えるとなると水道などの変更も必要になるので、それに対応してくれる業者に依頼する必要があります。
洗面台の機能として重要になるのがボウル部分と水栓、そして収納になるでしょう。
顔を洗う程度であればそれほどボウルは大きくなくても良いですが、女性が洗髪をしたいなら広くて深いタイプが使いやすくなります。
水栓にはシャワータイプを選ぶようにすれば、朝などにも簡単に髪が洗えるようになります。
汚れがつきにくい陶器の素材もあれば、ホーローや人工大理石なども選べます。


洗面台は浴室や洗濯をする場所の近くに設置することがあり、収納スペースが充実していると使いやすくなります。
三面鏡タイプが多くあり、鏡の後ろ部分にちょっとした小物類を置けるタイプが良いかも知れません。
歯磨き関係やメイク関係のものを収納することができます。
ボウル下の収納も広いと使いやすく、引き出しタイプと開き戸タイプが選べます。
洗剤などが取りやすいのが引き出しタイプで、スペースを有効活用できるのが開き戸タイプです。
又洗面台に関してはオプションも豊富にあり、上部にデザインを統一した収納を取付けたり、横に収納を取付けることも可能です。
お風呂で使うタオルをストックしておきたいときに便利になるので、収納をたくさんも請けたいならオプションもつけておくと良いかも知れません。
鏡は曇らないタイプなどが選択できます。

次の記事へ